情報売買所(仮)

仮性包茎の悩みを3ヶ月で解消する方法(無料)

包茎とはそもそも亀頭部に包皮がかぶっている状態をさします。この状態は寒い時などは誰でもなることがあり、決して異常ではありません。 包茎は大別すると3種類あります。

■真性包茎
真性包茎とは、包皮の口が狭くて、平常時でも手で剥くことができません。また、亀頭が常に覆われているため、亀頭の成長を阻害し、先細りのペニスになってしまいます。正常なセックスは不可能で、絶対に手術が必要です。。また、程度によっては、排尿時に包皮が風船のように膨らんだり、包皮の内側に雑菌や恥垢が溜まってしまい、泌尿器系の病気の原因になったりします。乳児期は包茎の子供が多く、成長とともに自然治癒もありますので1歳頃までは経過観察でもよいのですが、炎症をおこしたり痛みがある場合はできるだけ早く、泌尿器科を受診することが肝心です。

■カントン包茎
カントン包茎とは、真性包茎に比べ包皮口が広く、平常時には亀頭をどうにか露出させることはできますが、包皮の出口が狭いため、無理に剥いたりすると、包皮口が亀頭の根元を 締めつけ元に戻すことができなくなります。。すぐに泌尿器科医か形成外科医を受診してください。

■仮性包茎
仮性包茎とは、もっとも多い包茎タイプで、平常時は包皮が亀頭を覆っています。手で剥くと亀頭を簡単に露出させることができます。仮性包茎には、勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。その程度によって、手術が必要な場合と手術しなくとも支障がない場合とに分けられます。手で包皮を反転させると自然に亀頭部が露出し、痛みもなく、内部を清潔に保てるようであれば、早急な手術は必要ありません。

日本人の多くが包茎であると言われており、男性が100人いたら65人は包茎であるといわれています。包皮を除去する手術もありますが、医学的・健康的な理由はまったくないという意見もあります。(真性やカントンにつきましては、ご自身の努力によって克服できる場合がありますが、泌尿器科にご相談することをおすすめします。これから説明する文章は、主に仮性包茎ついての事です。)実は包茎手術が必要なただ一つの理由は、ペニスを清潔に保てるようにすることなのです。包皮や亀頭の皮膚には、油脂腺があるので 、ほって置くと白く、黄色く特殊な臭いがします。 そのために包皮の衛生に気をつける最も重要なことは、どうやって亀頭の上の包皮をひっくり返してきれいに乾いた状態を保てるかを知ることなのです。 もしこのようなきれいにすることをしっかりやれば、包皮の長さなど問題ではなく、手術して包皮を切ることなど必要はないのです。つまり、包皮を除去するとペニスを清潔に保てると言われておりますが、これはきちんと洗えば済むことで、清潔にしていれば問題はないとも言われています。また、包茎手術をすると最低でも10万円ぐらいします。しかし、いくら医学的に包茎は問題がないといっても、男性としてはやはり剥けているペニスが良いというところがないでしょうか?また、先ほど「男性が100人いたら65人は包茎です。」といいましたが、そのうち70%、45人の男性は結局治療を行っていて、包茎のまま一生を送る人は100人中わずか20人にすぎないようです。これは、男性なら銭湯や温泉に行って、周りを見渡せばよくわかりますよね。いかに包茎の人が少ないかが。それでは、手術で10万円も出せない人は、どうすればいいのでしょうか?何か簡単にしかも安く包茎を直せるものはないのか?それが、あったのです。安くしかも、個人差によるようなのですが、わずか3ヶ月で包茎を直せる商品が。

 

※この情報は無料です。アマゾンポイントを送信すると情報と一緒にアマゾンギフトポイントのメールを返送致します。

上記をコピーした上でアマゾンギフトポイント(メールタイプ)より

jouhoubaibai@gmail.com

宛てに購入手続きを行ってください。

コメントを残す